スプレー菊は、1940年代にアメリカで開発され、日本では1974年に豊川市が試作導入したこともあって、豊川市は「スプレーマム発祥の地」と言われています。花が小枝状に数輪咲くことから「スプレーマム」という名称で呼ばれ、花形、草姿花色、日持ちなどに優れています。また、スプレー菊の品種は、「夏秋系」と「秋系」に大別され、その品種は現在90以上となっています。 スプレーマムを季節の草花や枝物と活けると和風に、また、バラやガーベラなどの洋花と組み合わせると洋風にと、どちらにもアレンジができます。


■栽培品種
レミダス、プリンス、舞風車、パラダイス等