豊川市はバラ生産地で,市場からも高い評価を受けている産地です。平成18年には第36回日本農業賞(全中・NHKなどが主催)の集団組織の部でひまわり農業協同組合バラ部会が大賞に選ばれました。 また、平成19年度には第46回日本農林水産祭の園芸部門で内閣総理大臣賞を受賞しました。インテリアシンボルとして価値が高く、「花の女王」にふさわしい華麗で優美なバラ。生産者数、栽培面積ともに全国1位であり、共選産地のトップブランドとして、現在も規模拡大が図られています。現在では品質維持の為に多くの生産地でウォーターバケット(水入り縦箱輸送)を使用した輸送が行われていますが、水入り輸送を全国で初めて行ったのはひまわり農業協同組合のバラ部会になります。

■栽培品種
サムライ08・レッドスター・アバランチェ・ファンシーローラ・シューティングスター・スウィートアバランチェ等