美味しい生乳を搾乳できる乳牛をつくるには、優れた能力の母牛に優良種雄牛を掛け合せることで優良雌子牛を生み出すことが大事です。良雌子牛は、預託牛として愛知県では段戸山、遠くは北海道の涼しい所に預けられ、約2年後、妊娠した状態(初妊牛)で戻ってきます。また優良な初妊牛を導入したり、自家育成する場合もあります。そんな子牛を育てて搾取した牛乳は格別です。本宮の湯の中にあるお店「牛乳の里」では豊川産を始め東三河で搾取された牛乳を使用したソフトクリームを食べることができます。是非ご賞味ください。