豊川産のイチゴは、生食用だけでなくケーキをはじめとするスウィーツとしての需要も多く、おもに関東地方を中心に出荷、販売されています。
勿論、洋菓子だけではありません。爽やかな甘みと、いちごならではのフルーティーな酸味は、あんとの相性もよく、いちご大福にも最適。
きっと、知らず知らずのうちに皆様も一度は実が大きくて甘みが強い豊川産「とちおとめ」いちごを召し上がっているのではないでしょうか。
スウィーツのプロが認め、大きさ、味に定評のある豊川のいちご。
美味い赤い宝石を是非、ご賞味ください。

豊川市のイチゴは昭和23年に「福羽(フクバ)」を導入したことに始まります。現在は消費者の好みに合わせ、大きくて、甘いものをと、「とちおとめ」を中心に栽培されています。また、愛知県で開発された品種「ゆめのか」は、ジューシーで甘さと酸味のバランスが良く、果皮が硬いため、痛みにくく、日持ちに優れる特徴を持っています。